遺留分に関する問題を弁護士が解決する法律相談Q&A

homeへ戻る

Q&A3遺留分の割合

質問

遺留分の割合は、具体的にはどうなっていますか。

回答

遺留分の割合は、基本的に法定相続分の2分の1です。

すなわち、法定相続分は、例えば
配偶者と子が相続人であるときは、配偶者は2分の1、子は2分の1
配偶者と直系尊属の場合は、配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1
ですので、遺留分の割合は、
配偶者と子が遺留分権利者であるときは、配偶者は4分の1、子は4分の1
配偶者と直系尊属の場合は、配偶者が3分の1、直系尊属が6分の1
です。

ただし直系尊属のみが相続人である場合は、その遺留分の割合は3分の1です。

homeへ戻る