遺留分に関する問題を弁護士が解決する法律相談Q&A

homeへ戻る

Q&A2遺留分権利者

質問

遺留分権利者となるのは誰ですか。

回答

遺留分権利者は、相続権を有する配偶者、子、直系尊属です。

配偶者は常に遺留分権利者となりえます。そして、別に、子があれば子とその代襲相続人が、父母などの直系尊属が遺留分権利者となりえます。

兄弟には、相続権はあっても、遺留分がありません。

homeへ戻る